安全さで選ぶキャッシングスーパージョイ

総量規制の年収「3分の1」以上の借り入れがあるのだけど超過分は一括返済する必要があるの?

年収「3分の1」以上の借り入れがある場合、超過分は一括返済する必要がある?

総量規制の年収「3分の1」以上の借り入れがあるのだけど超過分は一括返済する必要があるの?

クレジットカードのキャッシング枠、そして消費者金融のキャッシング枠などを使い切ってしまった場合。このとき、もしかしたら総量規制である年収の3分の1を超える可能性があります(総量規制が運用される前に既にクレジットカードなどを持っている場合に起こりうる状況)。この場合、超過してしまった分は、どのような扱いになるのか?気になるところ。

 

早速、以下より詳しくお話しをしていきたいと思います。

 

 

総量規制の3分の1以上の利用がある場合の超過分は?

基本的には、特別なことは何もありません。単純に、いつも通りの返済をしていくだけになります。要は、総量規制を超えるような状況になったとしても、返済に関してはノータッチだということです。

 

ただし、いろいろな注意点があるので、そこは頭に入れておきたいところです。

 

それ以上の借り入れができない状況

まず1つ目の注意点ですが、当然、総量規制以上のキャッシングを行うことはできないため、総量規制を下回るまでキャッシングの利用はできません。また、当然ですが、総量規制に引っかかっている状態なので他社での借入も不可能となります。

 

そもそも、3分の1を超えている状況のため、それ以上をキャッシングしても、より返済が厳しい状況を招くことに。ただ、銀行系のキャッシングに関しては、総量規制は対象外となるため、利用することができる可能性はあります。個人的には、借金額を大きくしてしまうだけなので、あまりお勧めしません。

 

超過分の一括返済を求められることはない

そもそも超過してしまった分はどうなるのか?ですが、先にお話しした通り、普通に返済をするだけです。基本的に一括返済を求められることは、まず無いでしょう。もし気になるのであれば、直接、利用している消費者金融業者に質問してみるとよいかと思います。利用している業者によって細かな違いはあるかもしれません。

 

稀に・・・

総量規制を超過または、ギリギリまで利用した場合の対応は、「一括返済しろ」と言うところはないにしても業者によって違う場合があります。

 

稀なケースではありますが、総量規制ギリギリまでキャッシング枠を利用するとキャッシング機能を停止されるところもあります。そうなった場合は、返済をしても以後キャッシングが利用できなくなってしまいますので注意が必要になります。また、それがクレジットカードのキャッシング枠だった場合は、クレジット機能も同時に使えなくなってしまいますので更に注意しなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ